三菱商事、ハノイで分譲住宅の開発に参画

三菱商事は27日、ハノイで地場ビンミン生産経営輸出入社(ビテクスコ)グループが進めている分譲住宅の開発事業に参画すると発表した。上位中間層をターゲットとして見据えているという。ビテクスコと合弁会社を設立し、今年10月に着工する予定。

住宅開発事業は、ホアンマイ区でビテクスコが進めている住宅や商業施設、オフィス、学校、スポーツ施設の建設を含む複合プロジェクト「ザ・マノー・セントラル・パーク」の一部となる。プロジェクトの面積は90ヘクタールで、低層住宅約1,000戸、高層住宅17棟・約7,700戸の建設を計画。

このうち三菱商事が参画するのは、プロジェクトの第1期計画の低層棟240戸と高層棟2棟・1,036戸。ビテクスコとの合弁会社を第3四半期(7~10月)をめどに設立して開発する。出資比率は三菱商事が45%、ビテクスコが55%を予定している。総事業費は約300億円を見込んでいる。

低層棟は1階部分が店舗になる「ショップハウス」で1戸当たり300~400平方メートル、高層棟は同50~220平方メートルを想定している。低層棟は10月に着工し2017年12月に完工、高層棟は17年3月に着工して19年12月に完工する計画。販売はそれぞれ11月と17年4月に開始予定という。

三菱商事はこれまでに、同社などが手掛ける南部ビンズオン省のベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)周辺でマンション開発を行っており、ベトナムでの住宅開発は今回が2件目。ベトナムでは中間所得層の増加が見込まれ、分譲住宅へのニーズが高まっているほか、15年に施行された改正住宅法により、外国人による不動産の購入要件が緩和されたことから、マーケットの拡大が予想されるとしている。

20160728 icn mitsubishi w

ザ・マノー・セントラル・パークの完成イメージ(三菱商事提供)


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産

PR

その他記事

すべての文頭を開く

コーヒー輸出額を60億ドルに 産業団体、30年までの目標設定(12/09)

ベトナムのコーヒー産業団体は、主要農産物の一つとなっているコーヒー生豆と焙煎(ばいせん)豆・インスタ…

続きを読む

高知の井上石灰、農薬販売へ実証事業(12/09)

肥料や農薬の製造・販売を手掛ける井上石灰工業(高知県南国市)は、ハノイや北中部ゲアン省などで環境負荷…

続きを読む

【アジア三面記事】小さな空手家が世界へ(12/09)

■小さな空手家が世界へ インドとパキスタンが領有権を巡って対立するカシミール地方から、1人の小さな空…

続きを読む

航空会社の新機購入、20年まで89機に制限(12/09)

ベトナム政府は、航空会社が2020年までに購入する機体の数を、合計で89機に制限する方針だ。運航便や旅客の…

続きを読む

住商、地場BRGと農業パーク開発など視野(12/09)

ベトナムのゴルフリゾート運営などを手掛ける地場BRGグループと住友商事の海外法人であるアジア大洋州住…

続きを読む

ハノイでファッションフェア、22日から開催(12/09)

「ベトナム・インターナショナル・ファッション・フェア(VIFF)2016」が、22~26日にハノイ市ホアンキ…

続きを読む

ベトテル、フーイエン省の業務のIT化促進(12/09)

ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)と中南部フーイエン省人民委員会は、行政をIT化する電子政府の構築…

続きを読む

シンガのゴーベア、越で金融商品比較サイト(12/09)

保険商品などを比較できるサイトを手掛けるシンガポールのゴーベア(GoBear)が、ベトナム版のサイトを開設…

続きを読む

コーヒー収穫期も、深刻な労働者不足(12/09)

ベトナム中部高原ラムドン省農業・地方開発局によれば、省内のコーヒー農園計約14万ヘクタールが収穫期を迎…

続きを読む

ベンチェー省の水管理事業、円借款を承認(12/09)

ベトナムのグエン・スアン・フック首相が、日本の政府開発援助(ODA)による南部ベンチェー省での水管理…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン