三菱商事、ハノイで分譲住宅の開発に参画

三菱商事は27日、ハノイで地場ビンミン生産経営輸出入社(ビテクスコ)グループが進めている分譲住宅の開発事業に参画すると発表した。上位中間層をターゲットとして見据えているという。ビテクスコと合弁会社を設立し、今年10月に着工する予定。

住宅開発事業は、ホアンマイ区でビテクスコが進めている住宅や商業施設、オフィス、学校、スポーツ施設の建設を含む複合プロジェクト「ザ・マノー・セントラル・パーク」の一部となる。プロジェクトの面積は90ヘクタールで、低層住宅約1,000戸、高層住宅17棟・約7,700戸の建設を計画。

このうち三菱商事が参画するのは、プロジェクトの第1期計画の低層棟240戸と高層棟2棟・1,036戸。ビテクスコとの合弁会社を第3四半期(7~10月)をめどに設立して開発する。出資比率は三菱商事が45%、ビテクスコが55%を予定している。総事業費は約300億円を見込んでいる。

低層棟は1階部分が店舗になる「ショップハウス」で1戸当たり300~400平方メートル、高層棟は同50~220平方メートルを想定している。低層棟は10月に着工し2017年12月に完工、高層棟は17年3月に着工して19年12月に完工する計画。販売はそれぞれ11月と17年4月に開始予定という。

三菱商事はこれまでに、同社などが手掛ける南部ビンズオン省のベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)周辺でマンション開発を行っており、ベトナムでの住宅開発は今回が2件目。ベトナムでは中間所得層の増加が見込まれ、分譲住宅へのニーズが高まっているほか、15年に施行された改正住宅法により、外国人による不動産の購入要件が緩和されたことから、マーケットの拡大が予想されるとしている。

Thumb 20160728 icn mitsubishi w

ザ・マノー・セントラル・パークの完成イメージ(三菱商事提供)


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ASEAN訪日客251万人 ハラル対応で伸びしろ(01/18)

日本政府観光局(JNTO)が17日に発表した2016年通年の東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国から…

続きを読む

「ベストな生保目指す」 第一生命、進出10年で規模14倍に(01/18)

第一生命ベトナムは、2016年12月期の収入保険料が設立直前の06年12月期比で14倍余りに達した見込みだ。設立…

続きを読む

ホンダ、シビック生産を輸入に切り替え(01/18)

ホンダ・ベトナム(HVN)はこのほど、セダン「シビック」の国内生産を中止し、タイからの完成車輸入に切…

続きを読む

【アジア労務データ集】消費者物価指数(97)(01/18)

2016年のタイ・インドネシア・フィリピン・ベトナム 【The Daily NNA 労務・人事・安全ニュース編集チーム…

続きを読む

ホンダ、中部の洪水被災者に6億ドン支援(01/18)

ホンダ・ベトナム(HVN)はこのほど、中部クアンガイと中南部ビンディン、フーイエンの3省の洪水被災者…

続きを読む

ジェットパシ、ハノイとHCM~広州便就航(01/18)

ベトナムの格安航空ジェットスター・パシフィック航空(JPA)が15日、ハノイおよびホーチミン市から中国…

続きを読む

ベトテル合弁、通信網構築に2千億円投資へ(01/18)

ミャンマー4番目の携帯電話サービス事業者、ミャンマー・ナショナル・テレ・アンド・コミュニケーションズ…

続きを読む

東急がお正月祭り、日本流街作りをPR(01/18)

ベトナム南部ビンズオン省ビンズオン新都市で都市開発を進める東京急行電鉄グループは、14~15日に日本の正…

続きを読む

三栄建設設計、HCM市でホテル開発に参入(01/18)

分譲住宅事業などを手掛ける三栄建設設計(東京都杉並区)はこのほど、ベトナム企業への出資を通じて、ホー…

続きを読む

家電ディエンマイサイン、フーコック島に進出(01/18)

ベトナムのデジタル機器販売大手テーゾイ・ジードン(モバイル・ワールド)はこのほど、南部キエンザン省フ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン