シェルのIPO計画、今年最大の297億ペソ

英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルのフィリピン現地法人で石油元売り大手のピリピナス・シェル・ペトロリアムは、今年11月をめどにフィリピン証券取引所(PSE)で新規株式公開(IPO)を実施する。調達予定額は最大297億ペソ(約668億円)。実現すれば今年最大規模のIPOとなる。26日付スタンダード(電子版)などが伝えた。

公募で3,000万株を発行するほか、株主が保有する既存株を2億7,000万株売り出し、需要が旺盛なときは3,000万株を追加で発行する。予定公開価格は1株当たり90ペソで、最大297億ペソを調達する。新株の購入受付期間は10月26日~11月3日、11月10日に上場する。米JPモルガンが国外、BPIキャピタルが国内の主幹事を務める。

売り出し株が大半のため、IPOによってピリピナス・シェル自体が取得する資金は27億ペソ。設備投資や運転資金、一般経費などに充てるという。

フィリピンでは今年、2件のIPOが実施された。7億ペソ超を調達した共同墓地運営会社ゴールデン・ヘブン・メモリアル・パークと、同251億ペソのセメックス・ホールディングス・フィリピン(CHP)だ。過去の大型上場には、13年の持ち株会社LTグループ(調達額約377億ペソ)や、同年の小売大手ロビンソンズ・リテール・ホールディングス(約281億ペソ)などがある。

1998年成立の石油規制緩和法(共和国法第8479号)は、製油所を運営する企業は同法発効から3年以内に普通株10%以上を公開しなければならないと定めているが、ピリピナス・シェルはいまだにIPOを行っていない。


関連国・地域: フィリピン欧州
関連業種: 経済一般・統計天然資源金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:取材でマニラ首都圏パラ…(02/27)

取材でマニラ首都圏パラニャーケ市のソレア・リゾート・アンド・カジノに行った。会場中に香水のような香り…

続きを読む

16年のFDI認可額は1割減 政権交代で様子見、2年ぶり縮小(02/27)

フィリピンの投資促進7機関による外国直接投資(FDI)認可額が縮小している。フィリピン統計庁(PSA…

続きを読む

【書籍ランキング】2月9日~2月15日(02/27)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『ビジネスリーダーのための老子「道徳経」講義』田口佳史(致知出版社) …

続きを読む

英スコマディが4月生産開始、中国から切替(02/27)

英国の二輪車メーカー、スコマディは、4月からタイで組立生産を開始する。これまでは中国からアジアに供…

続きを読む

ホンダ二輪、150ccの新型スクーター発売(02/27)

ホンダは25日、フィリピンで新型スクーター「クリック150i」(排気量150cc)を発売した。同社がフィリピ…

続きを読む

臨時ナンバープレートの統一、3カ月延期に(02/27)

フィリピンの陸運局(LTO)はこのほど、自動車や二輪車の販売店に対し、各店が装着する臨時のナンバープ…

続きを読む

企業景況感、1Qはペソ安などでやや悪化(02/27)

フィリピン中央銀行が24日に発表した2017年第1四半期(1~3月)の企業観測調査で、企業の景況感を示す業…

続きを読む

アジア開発銀、インフラに1億ドル追加融資(02/27)

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官は、アジア開発銀行(ADB)からインフラ整備事業向…

続きを読む

商工中金、桐原書店のセブ語学学校に融資(02/27)

商工組合中央金庫(商工中金)は23日、検定教科書や学習参考書の出版を手掛ける桐原書店(東京都新宿区)に…

続きを読む

商銀最大手BDO、16年は最高益261億ペソ(02/27)

フィリピンの財閥SMグループ系の商業銀行最大手BDOユニバンクが24日発表した2016年通期決算は、純利益…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン