自動車部品業界、外資の選定強化を要請

インドネシアの自動車部品工業会(GIAMM)は政府に対し、自動車部品分野への外国投資認可の付与について、選定を強化するよう要請した。外資系メーカーの参入が相次ぎ、地場企業が窮地に追い込まれていると見るためだ。26日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

ハムダニ会長は、「国産部品メーカーは賃金水準の上昇と為替レートの変動で体力が低下している」とし、政府は自動車部品分野への外国投資認可を制御することで、国産メーカーを支援するべきとの見解を示した。

産業省金属・機械・輸送機器・電子機器(ILMATE)局のイ・グスティ・プトゥ局長は、外国投資の流入は、投資の自由化の流れに沿ったものと説明。GIAMMに対し、自動車部品業界を束ねる団体として、国内生産が可能な分野と外国投資が必要な分野を明確に分類化する必要があると指摘した。

その上で政府としては、インドネシア標準産業分類(KBLI)の改正を行い、外国投資認可の選定強化につなげる方針を示した。自動車部品のKBLIは、現状では分類が不十分であり、同局で詳細を詰めた後、投資調整庁(BKPM)に判断を委ねる計画としている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

損保各社、今年は保険料収入の2桁増を予想(02/24)

インドネシアの損害保険各社は今年、保険事業が2桁成長すると予想している。経済情勢の改善や不動産向け商…

続きを読む

小売り大手エース、今年は12店新設を計画(02/24)

インドネシアのホームセンター大手、米系エース・ハードウェア・インドネシアは今年、10~12店舗を新設する…

続きを読む

テイクオフ:インドネシア出張時に、…(02/24)

インドネシア出張時に、現地のスタッフから両替した紙幣を見せてと言われた。昨年末から新紙幣に切り替え始…

続きを読む

車両アフターマーケット展開幕 参加企業、今年の業況好転に期待(02/24)

インドネシアで初となる自動車のアフターマーケット・チューンアップの展示会「オートプロ2017」が23日、首…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

シボレー新SUV、日系の牙城切り崩し狙う(02/24)

米系自動車大手ゼネラル・モーターズ・インドネシア(GMインドネシア)は23日、新型シボレー・トレイルブ…

続きを読む

中古車市場、7人乗りMPVが堅調(02/24)

インドネシアの今年の中古車市場は、7人乗り多目的車(MPV)の需要が堅調で、明るい見通しとなっている…

続きを読む

富士通フロ、中古車競売システムを提供(02/24)

富士通フロンテック(東京都稲城市)は23日、インドネシアで中古車競売事業を開始するベイオーク・ナスモコ…

続きを読む

首都MRT、清水建設工区の地下鉄進捗75%(02/24)

清水建設は23日、インドネシアの首都ジャカルタの大量高速交通システム(MRT)の建設工事で、大林組ら…

続きを読む

紛争の経済損失、15年はGDPの8.4%(02/24)

米国とオーストラリアに拠点を置く国際シンクタンクの経済平和研究所(IEP)の試算によると、暴力と紛争…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン