インドの改革鈍化、IMFが警鐘

国際通貨基金(IMF)は、中国で24日まで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に向けた資料で、インドの「改革のペースの鈍化」に警鐘を鳴らした。PTI通信が同日伝えた。

IMFは先に、インドの2016/17年度(16年4月~17年3月)の国内総生産(GDP)成長率の予測を7.4%に引き下げた。会議向けの資料では、「原油安と積極的な政策、信頼感の持ち直しで回復基調にある」と、インド経済に一定の評価を与えた。一方で、「銀行と企業の財務の弱さ、改革のペースの鈍化、輸出の低迷で逆風が吹き、成長率には下向きの圧力が加わる可能性がある」と指摘した。

このほか、インドだけでなく、先進国を含めた各国向けに9つの「重点改革」分野も列挙した。IMFはインドについて、革新性と資本市場の開発、貿易・海外直接投資(FDI)の自由化の3分野では高い評価を与えたが、労働とインフラ、銀行、財産権などの6分野では改革の加速を求めた。


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼19品目の最低輸入価格、2カ月延長(12:13)

インド商工省傘下の外国貿易部(DGFT)は、鉄鋼製品19品目の最低輸入価格(MIP)の適用期間を2017年…

続きを読む

【書籍ランキング】11月17日~11月23日(12/05)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『豊かな人生を勝ち取る30の思考』中邨宏季(幻冬舎メディアコンサルティン…

続きを読む

テイクオフ:11月8日に突然発表さ…(12/05)

11月8日に突然発表された高額紙幣の刷新から1カ月近くが過ぎた。新紙幣は依然として供給が不足しており、…

続きを読む

紙幣刷新、自動車販売下押し ホンダとM&Mで落ち込み顕著(12/05)

インドで地下経済の撲滅を掲げ、11月初旬に断行された高額紙幣の無効化は少なからず同国の自動車販売に影を…

続きを読む

フォルクスワーゲン、11月販売台数は2倍増(12/05)

ドイツの自動車大手フォルクス・ワーゲン(VW)は1日、インドでの11月の新車販売台数が前年同月比2.1倍の…

続きを読む

11月の商用車販売、高額紙幣問題で2桁減(12/05)

インドの主要商用車メーカーの11月の国内新車販売台数が4日までに出そろった。アショク・レイランドを除き…

続きを読む

11月の二輪車販売、最大手ヒーローは13%減(12/05)

インドで事業展開する二輪車メーカー各社の11月の新車販売台数が2日、出そろった。インド政府が高額紙幣の…

続きを読む

BIMSTECの送電接続案、国会で承認(12/05)

ミャンマーの連邦議会は11月30日、「ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ」(BIMSTEC)加盟国…

続きを読む

GST評議会、5回目の会合も合意なく終了(12/05)

インドで2~3日、全国一律の物品・サービス税(GST)の導入に向けた諸問題を話し合うGST評議会の5…

続きを読む

ITC、オディシャ州に80億ルピーで工場など(12/05)

インドの複合企業(コングロマリット)ITCは、東部オディシャ(オリッサ)州で日用消費財(FMCG)の…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン