戦勝記念塔の乗り合いバン、乗降場所を分散

タイのダルン運輸副次官は、バンコクの戦勝記念塔ロータリーを乗降場所にしている乗り合いバン4,200台以上を長距離バス運行会社、国営トランスポートの管轄下に置き、乗降場所をバンコクのバスターミナル3カ所に分散すると発表した。23日付ポストトゥデーが報じた。

新たな乗降場所となるのは、バンコク・チャトゥチャックの北バスターミナル、東部エカマイの東バスターミナル、西部タリンチャン地区の南バスターミナルの3カ所。10月1日~15日に試験的に移転し、同25日までに完全移転させる計画。移転当初は従来の利用者の便宜を図るため、路線バスを運行するバンコク大量輸送公団(BMTA)が戦勝記念塔から3カ所のバスターミナルまでシャトルバスを運行する。

乗降場所の移転は、ロータリー付近の交通渋滞を解消するとともに地元有力者の影響力排除を狙ったものとされる。地方の乗り合いバンについても対応策を検討する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸・倉庫

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンで開催中のミ…(01/23)

フィリピンで開催中のミス・ユニバース世界大会の最新情報をいつになく追いかけている。これまで取り立てて…

続きを読む

トランプ米大統領就任、タイに恩恵も=識者(01/23)

米国のトランプ新大統領が打ち出す政策について、タイの学識経験者らは「影響は間接的で、恩恵を受けること…

続きを読む

民間が服喪明け、プミポン国王死去100日(01/23)

【バンコク共同】タイのプミポン国王が昨年10月13日に死去して100日が経過し、民間の“服喪ムード”は薄まり…

続きを読む

アジア経済への影響は徐々に トランプ米大統領就任(01/23)

「米国第一主義」を20日の就任演説で熱弁したトランプ米大統領。アジアの経済・安全保障問題に関して触れな…

続きを読む

11月29日の投資委員会認可事業(01/23)

タイ投資委員会(BOI)は、昨年11月29日の会議で5件の事業を認可した。日本が出資する事業では、ロバー…

続きを読む

【書籍ランキング】1月5日~1月11日(01/23)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『はじめての「FX」ソーシャルトレード入門 勝ち組トレーダーの売買に相…

続きを読む

日本産食品の販路開拓、経産省の育成事業で(01/23)

日本産食品の販路開拓を目指すイベント「ふるさと懇親会」が20日、タイの首都バンコクで開催された。経済産…

続きを読む

ホットランド、たい焼き店の合弁計画を中止(01/23)

飲食店チェーンのホットランド(東京都中央区)は20日、「クロワッサンたい焼き」のフランチャイズ(FC)…

続きを読む

ゴムSTA、オーストリア企業との合弁解消(01/23)

天然ゴム加工を手掛けるタイのシートラン・アグロインダストリー(STA)は、オーストリアのゴム・プラス…

続きを読む

バンチャーク、加リチウム開発への出資拡大(01/23)

タイ政府系で製油所と給油所を運営するバンチャーク石油は20日、リチウム鉱山を開発するカナダのリチウム・…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン