上期の石炭生産量、16%減の1億トン

インドネシアで石炭鉱業契約(PKP2B)を締結する大手石炭企業による今年上半期(1~6月)の石炭生産量は、前年同期比16.3%減の1億96万トンにとどまった。輸出量は同19.8%減の7,998万トン。エネルギー・鉱物資源省が公表した。

22日付ジャカルタ・ポストによると、政府が設定した今年の生産目標は4億1,900万トン。現在のペースで推移すれば目標達成は困難な状況だが、同省鉱物石炭局のバンバン局長は「増産加速で目標が達成されることより、生産量が国内需要分を大きく超える可能性を懸念している」との見方を示した。同期の国内石炭消費量は32.6%増の2,544万トン。同局長は、政府が進める3,500万キロワット(kW)の電源開発プロジェクトが本格軌道に乗れば、国内の石炭消費量はさらに膨らむとみている。

一方で石炭産業からの税外収入は、生産減にもかかわらず順調に拡大。同期の収入は12兆2,800億ルピア(約992億円)に達した。通年の目標は30兆ルピア。

石炭の価格は現在も低調に推移している。アジアの石炭価格の指標であるオーストラリア・ニューカッスル港の積み出し価格は、今月中旬時点で1トン当たり62.23米ドル(約6,580円)にとどまっている。今年に記録した底値(47.37米ドル)から回復しているものの、2011年2月に記録した136米ドルを大きく下回っている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア労務データ集】消費者物価指数(102)(02/22)

2017年1月のタイ・インドネシア・フィリピン・ベトナム 【The Daily NNA 労務・人事・安全ニュース編集チ…

続きを読む

テイクオフ:中央ジャカルタのメンテ…(02/22)

中央ジャカルタのメンテン地区は大使館などが集積する閑静な地域だ。オランダ統治時代の20世紀初頭、スロパ…

続きを読む

【アジア自動車データ集】二輪販売(255)(02/22)

2017年1月の台湾・インドネシア・フィリピン・インドの二輪車販売 【The Daily NNA 自動車ニュース編集チ…

続きを読む

国営銀行4行、融資伸び率2桁に 資源業界不調で不良債権化の懸念も(02/22)

インドネシアの国営銀行4行の2016年12月期決算が出そろった。最大手のバンク・マンディリが大幅減益となっ…

続きを読む

ベトナム、インドネシアからの車輸入が急増(02/22)

ベトナムによる1月のインドネシア製自動車の輸入台数が、前年通年実績の47%に当たる1,823台に急増したこと…

続きを読む

ルノー、今年の販売台数は1千台目標(02/22)

フランスの自動車メーカー、ルノーは、インドネシアでの今年の販売台数を1,000台とする目標を明らかにした。…

続きを読む

ホンダ二輪とヤマハ、カルテルで罰金(02/22)

インドネシアの事業競争監視委員会(KPPU)は20日、ホンダとヤマハの現地法人に対して二輪車販売の一部…

続きを読む

ゴム製造SLP、船舶用エアバッグを生産へ(02/22)

インドネシアの西ジャワ州チレボンを拠点とするゴム製品製造サムドラ・ルアス・パラマチトラ(SLP)は、…

続きを読む

KLの北朝鮮レストラン、事件後に営業停止(02/22)

マレーシア・クアラルンプール(KL)中心部にある北朝鮮料理レストランは、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員…

続きを読む

英調査機関、宝飾品産業の8%成長予想(02/22)

英調査機関ユーロモニターは、インドネシアの宝飾品産業が2016~21年に8%成長すると予想している。中間層…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン