ミニストップ、ベトナム50店舗に到達

ミニストップベトナムは20日、ホーチミン市1区のナムキーコイギア通りに稼働ベースで50店舗目をオープンさせた。ミニストップは昨年、ベトナムでのパートナーを地場コーヒーチェーン大手チュングエン傘下のG7S&Tから双日に切り替えて以降に出店を加速させており、年内に80店舗、2017年末までに160店舗体制を目指す。

Thumb 20160721 icn        w

ミニストップはベトナムでの店舗数が50店となった=20日、ホーチミン市

双日とパートナーを結ぶまでの17店舗体制から、1年余りでホーチミン市内で3倍に店舗網を広げた。15年から向こう10年で800店以上に拡大させる計画で、都市部での立地確保を急ぐ。

ベトナム国内のコンビニエンストアでは、不動産最大手ベトナム投資グループ(ビングループ)の「ビンマート・プラス」が650店を超えたとされ、タイ系「ビーズ・マート(B’s Mart)」は140店程度、ファミリーマートも100店を突破した。競争が激しくなる中、ミニストップは店舗網の拡大に向け、直営店に加えてフランチャイズ店の導入も検討に入る。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、「オーナーも稼げるような契約を考える」とし、来年にも開始する意向だ。

双日との新体制移行後に改装を進めた既存店も、「売り上げは10~15%伸びた」。ソフトクリームやおでん、弁当、おにぎりなどが人気で、今後もオリジナル商品を拡充していく。

ミニストップが傘下に入るイオングループは、ベトナムでプライベートブランド(PB)「トップバリュ」商品を開発する現地法人を立ち上げた。これまでトップバリュは日本などから輸入されていたが、ベトナム国内で調達できるようにすることで、ミニストップでも廉価な価格で食品や日用品などを提供していく。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

EVFTA、制度改革を促進 越企業への情報提供に課題も(01/25)

ベトナムと欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA、EVFTA)発効に向け、ベトナム国内では制度改革の…

続きを読む

グラブバイク、テト控え特別料金に引き上げ(01/25)

バイクタクシーの配車アプリ「グラブバイク」の利用料金が、ここ数日間で通常の2~3倍に値上がりしている…

続きを読む

低価格マンションの販売、好調維持の見通し(01/25)

米不動産コンサルティング会社クッシュマン&ウェイクフィールド(C&W)は、ホーチミン市とハノイにおけ…

続きを読む

ASEAN二輪車市場、インドネシア一人負け(01/25)

東南アジア諸国連合(ASEAN)自動車連盟(AAF)の統計によると、昨年11月末時点のASEAN域内の…

続きを読む

EVN傘下、送電網の整備に21兆ドン投資(01/25)

国営ベトナム電力グループ(EVN)傘下のベトナム国家送電総公社(NPT)はこのほど、送電網の整備に向…

続きを読む

ベトナムのカジノ解禁、国境の同業に影響も(01/25)

ベトナム政府が国民のカジノ入場を条件付きで認める政令を公布したことで、カンボジア国内のカジノ営業が深…

続きを読む

旭化成、エアバッグ繊維生産で越工場を検討(01/25)

旭化成がベトナムに工場を建設し、自動車用エアバッグ向けのナイロン繊維生産を検討していることが、24日ま…

続きを読む

日本製紙、越で紙コップとおむつ製造(01/25)

日本製紙は24日、ベトナムで紙コップと紙おむつ事業を展開すると発表した。紙コップ事業では国内シェアトッ…

続きを読む

化粧品市場、日系の需要拡大=ジェトロ(01/25)

日本貿易振興機構(ジェトロ)ハノイ事務所はこのほど、「ベトナムにおける化粧品・パーソナルケア商品市場…

続きを読む

テト期の通信量増大、携帯各社が対策強化(01/25)

ベトナムの携帯電話キャリア大手3社は、テト(旧正月)期間中のデータサービス利用の増加に向けた対策を進…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン