運航遅延などの航空事業者対応、新規則で強化

マレーシアで航空旅客の権利保護を強化する「マレーシア航空消費者保護規則」が7月1日付で発効した。運航遅延などのトラブルをめぐる航空会社、空港運営会社の対応に最低基準を設け、旅客が適正な補償を受けることができるようにする。19日付スターが伝えた。

同規則は航空会社の責任などを定めたモントリオール条約、国際民間航空機関(ICAO)の消費者保護に関する指針などに沿って、マレーシア航空委員会(MAVCOM)が策定したもの。これまでマレーシアには、運航遅延、預けた荷物の紛失といったトラブルに見舞われた航空旅客への補償などに関する明確なルールはなかったが、最低基準を導入し、航空会社などに順守を求める。

新規則では、例えば運航が2時間以上遅れた場合、旅客は食事の提供や電話、インターネットの利用を要求することができる。遅延が5時間以上に及べば、宿泊費、交通費を請求できる。

航空旅客が航空会社、空港の対応を不満とし、抗議した場合、事業者側は30日以内に対処しなければならない。これで解決しない場合は、これまでは裁判所や消費者委員会に訴えるしかなかったが、今後はMAVCOMに仲裁を求めることが可能となる。MAVCOMは14日以内に裁定を下す。

同規則は国内の航空会社のほか、マレーシアの空港を利用する海外の航空会社にも適用される。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本語を学び始めて5カ…(12/08)

日本語を学び始めて5カ月になる。人生で初めて日本の企業に勤務することとなり、週末の時間を生かして新た…

続きを読む

【トップは語る】ダイドードリンコ代表取締役社長:高松富也 自販機のダイドー アジアで歩むユニークな道(12/08)

全国28万台、自動販売機の保有台数は国内3位。自販機での売り上げ比率は業界平均の約3倍にも上る「自販機…

続きを読む

10月の輸出、前年比8.6%減 主力の電子・電気機器、伸び低迷(12/08)

マレーシア統計局が7日に発表した10月の貿易統計(速報値)によると、輸出額は前年同月比8.6%減の692億リ…

続きを読む

外貨準備高964億米ドル、前回比19億米ドル減(12/08)

マレーシア中央銀行は7日、11月30日時点の外貨準備高が964億米ドル(約11兆158億円)だったと発表した。11…

続きを読む

RM=25.7円、$=4.43RM(7日)(12/08)

為替(12月7日午後5時時点) 1リンギ=25.7573円、100円=3.8824リンギ 1米ドル=4.4335リンギ、…

続きを読む

北陸電、ペトロナス傘下社とLNG売買契約(12/08)

北陸電力(富山市)は6日、2018年11月の富山新港火力発電所LNG1号機の運転開始に向け、マレーシアの…

続きを読む

ペトロナス、メキシコ湾油田で2鉱区獲得(12/08)

マレーシア国営石油会社ペトロナスの資源開発部門、ペトロナス・チャリガリを含むコンソーシアムはメキシコ…

続きを読む

ハイビスカス、豪油田開発事業を延期(12/08)

マレーシアの石油関連投資会社ハイビスカス・ペトロリアムは6日、オーストラリアでの油田開発を延期すると…

続きを読む

MAB、巡礼者便が大幅に遅延=機体故障で(12/08)

マレーシア・エアラインズ(MAB)は6日、サウジアラビアのメディナとメッカに向かうイスラム教徒(ムス…

続きを読む

マラッカの港湾整備、認可前に着工発表か(12/08)

マレーシア・マラッカ州のクアラリンギ港をマラッカ海峡の海運拠点(ハブ)として整備する大型事業の着工が…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン