大樹医薬、今年10~15店を新規開店へ

「大樹連鎖薬局(グリーンツリー・ファーマシー)」ブランドの薬局チェーンを展開する大樹医薬は今年、新たに10~15店を新規開店する計画だ。零細同業の合併などを通じて第2四半期に3店を開店しており、ネットワークの拡大に注力する。

18日付経済日報が伝えた。大樹医薬は第2四半期、台南市と高雄市に1店ずつ新規開店したほか、台中市西屯区ではコンビニエンスストア台湾大手の「全家(台湾ファミリーマート)」と店舗同士を隣り合わせた複合店舗を設けた。大樹医薬の鄭明龍総経理は「複合店を含む新規開店と零細同業の合併を同時に推し進め、毎年新規10~15店、合併で大樹連鎖薬局に組み込んだ10店をそれぞれ増やす」とコメント。中央通信社によると2020年までに現在の51店から200店まで増やす予定という。

台湾ファミマとの複合店は昨年5月下旬、台北市松山区に設けた1号店に続く2例目で、経済日報によると1号店は開店から6カ月目で利益を獲得した。通常の大樹連鎖薬局は利益を得るのに開店から平均11カ月かかるが、同複合店1号店の薬局オーナーは「店舗開設に当たり、大樹医薬が加盟店に求める最低面積や資金の要求基準が低かったことも、運営が早く軌道に乗る一因だった」と説明した。

大樹医薬はこのほか、電子商取引(EC)中国最大手の阿里巴巴集団(浙江省杭州市、アリババ)が運営する中国最大のECサイト「天猫(T-mall)」にオンライン店舗を設けており、売上高は月平均100万台湾元(約330万円)に上る。大樹医薬の6月の連結売上高は前年同月比36.4%増の2億2,400万元で、2014年上場以来の単月最多を更新。上半期(1~6月)は前年同期比34.4%増の12億9,200万元だった。

Thumb 20160719twd    w

大樹連鎖薬局と台湾ファミマの複合店=台北(NNA撮影)


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 医療・薬品金融・保険商業・サービス

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:まるで、ハリボテか映画…(01/18)

まるで、ハリボテか映画のセットじゃないか――。台北郊外の北投温泉にたたずむ公衆浴場「瀧乃湯」は、本来…

続きを読む

従業員の94%が副業を検討 春節期間に「ひと稼ぎ」狙う(01/18)

求人求職サイト「yes123求職網」を運営する一二三生活科技が発表した、従業員と大学生・大学専科(大専、日…

続きを読む

【アジア自動車データ集】二輪販売(250)(01/18)

2016年の台湾・インドネシア・フィリピン・インドの二輪車販売 【The Daily NNA 自動車ニュース編集チーム…

続きを読む

富士康、米ベンチャーから3Dプリンター受注(01/18)

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手、鴻海精密工業を中核とする富士康科技集団(中国・深セ…

続きを読む

群創、中国新興TVメーカーから大口受注(01/18)

液晶パネル世界大手の群創光電(イノラックス)はこのほど、「暴風電視(BFTV)」ブランドのスマートテ…

続きを読む

LEDの億光、近距離視認液晶向けの需要増大(01/18)

発光ダイオード(LED)パッケージング大手の億光電子工業(エバーライト)が発表した2016年通年の連結売…

続きを読む

17年のIT支出額、前年比2%増の6605億元も(01/18)

市場調査会社の米ガートナーはこのほど、台湾の今年のIT支出額が前年比2.1%増の6,605億台湾元(約2兆3,…

続きを読む

全聯の販促、WMF圧力鍋の申し込み22万件超に(01/18)

スーパーマーケットチェーン台湾最大手の全聯福利中心(PXマート)が昨年8~12月に実施した、一定数のポ…

続きを読む

ベトジェット、Vエア事業免許取得に意欲か(01/18)

ベトナムの格安航空会社(LCC)ベトジェット航空が、台湾の同業Vエア(威航)の事業免許取得に意欲を…

続きを読む

高雄港のコンテナ取扱量、16年は2%増(01/18)

高雄港の2016年の積み下ろしコンテナ量は、前年比2%増の1,046TEU(20フィートコンテナ換算)に達し、3…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン