ターンブル政権が内閣改造 国民党の閣僚が増加

オーストラリアのターンブル政権は18日、改造内閣の面々を発表した。自由党と与党保守連合を形成する国民党は、キャナバン上院議員が資源・豪北部相として新たに入閣するなど、閣僚を増やした。ビショップ外相やモリソン財務相らの主要閣僚が留任した一方、与党内で支持者の多いアボット前首相は入閣が見送られた。18日付地元各メディアが伝えた。

国民党のジョイス農相が留任したほか、同党からはハーツワイカー下院議員が副首相補佐となり、ジレプシー下院議員が地方保健相として初入閣した。国民党からの入閣者が増えた背景には、総選挙で自由党が大きく議席を減らした一方、地方部で強い国民党が議席を着実に確保したことなどで、保守連合の政権維持に貢献したことから、同党の発言力が強まったことがある。

また、ターンブル首相は、南オーストラリア州で次期潜水艦の建造が今後本格化することなどから、同州選出のクリストファー・パイン下院議員を産業・イノベーション・科学相から、新設する国防産業相に変更するなどした。

■退職年金「大きな変更なし」

ターンブル首相は、同日行われた自由党議員総会で、議席の大幅減少の背景とされるスーパーアニュエーション(退職年金)関連の公約について、大きな変更はないと強調した。公約撤回や大幅な変更は財政再建を阻害することが背景。ただ、相続遺産や贈与分、長期保有の不動産や株式の売却への課税を控除するなど、例外を設けるとみられる。

退職年金制度の公約は、総選挙での議席減少の理由として与党内で批判の声が上がっている。

上院議会ではニック・ゼノフォン・チーム党のゼノフォン議員と無所属のヒンチ議員が、保守連合の退職年金制度変更を支持するつもりはないとしている。一方、緑の党(グリーンズ)は与党案に賛成している。

保守連合は5月に発表した本年度(2016/17年度)予算案で、来年7月1日から優遇税が受けられる個人の退職年金残高の上限を160万豪ドル(約1億2,826万円)に制限し、年間18万豪ドルを上限として認められていた課税後拠出額の上限を、2007年にさかのぼり一生涯で50万豪ドルに制限するとしている。

■初議会は8月下旬

ターンブル首相はまた、8月30日に総選挙後初の議会を招集すると発表した。同首相は、オーストラリア建設委員会(ABCC)の再導入法案の審議が最優先事項としている。

Thumb 20160719aud

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年末に日本に帰った際、…(01/23)

年末に日本に帰った際、久々に会う友人宅に泊まって夜通し飲む機会があった。あらかじめオーストラリア産の…

続きを読む

豪電力問題、日系企にも飛火 価格上昇、参画の精錬所が生産減(01/23)

英豪系資源大手リオ・ティントがクイーンズランド(QLD)州グラッドストーンで操業する、ボーインアルミ…

続きを読む

アルコア精錬所の継続決定、政府が財政支援(01/23)

オーストラリア連邦政府とビクトリア(VIC)州政府は20日、米アルミ大手アルコアのVIC州ポートランド…

続きを読む

【書籍ランキング】1月5日~1月11日(01/23)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『はじめての「FX」ソーシャルトレード入門 勝ち組トレーダーの売買に相…

続きを読む

〔政治スポットライト〕NSW州財相、支持確保で同州首相確実に(01/23)

オーストラリア・ニューサウスウェールズ(NSW)州のベレジクリアン財務相は、きょう23日開催の自由党党…

続きを読む

インフラ事業の行方、NSW新首相の手腕に(01/23)

電撃辞任を発表したオーストラリア・ニューサウスウェールズ(NSW)州のベアード首相を引き継ぐ新州首相…

続きを読む

人材ウィルグループ、豪州と地場の3社買収(01/23)

人材派遣のウィルグループ(東京都中野区)は20日、傘下のウィルグループ・アジア・パシフィック(WAP、…

続きを読む

〔オセアニアン事件簿〕メルボで車暴走=邦人1人含む5人死亡(01/23)

オーストラリアのビクトリア州メルボルン中央商業地区(CBD)で20日午後1時半過ぎ、乗用車が歩道に突…

続きを読む

サントス、16年の石油・ガス生産7%増(01/23)

オーストラリアの石油・ガス大手サントスは22日までに、2016年の石油・ガス生産量が6,160万石油換算バレルと…

続きを読む

オーリゾン、石炭輸送量1%増も評価は降格(01/23)

オーストラリアの石炭・貨物鉄道会社オーリゾンが発表した2016年10~12月期決算によると、石炭輸送量は前期…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン