国家輸出戦略、宝石と付加価値食品を追加

ミャンマー商業省は13日、昨年3月に発表した「国家輸出戦略(NES)」の重点分野に「宝石」と「付加価値食品」を追加したと明らかにした。NESに2品目を追加することで、雇用創出のさらなる拡大を目指す。ミャンマー・タイムズ(電子版)が14日伝えた。

商業省貿易促進局のアウン・ソー局長は「ミャンマーは現在、宝石用原石のみを輸出しており、他国が加工して利益を得ている」と指摘。食品についても、「ミャンマーの大半の農産物はそのまま輸出されている。地場業者が付加価値をつけた食品を海外市場に輸出できれば、数千人の雇用を創出するとともに、輸出額も拡大する」との見解を示した。

商業省は新戦略を最終決定する前に、宝石加工業者や食品製造業者と会合を開く。政府の支援方法などについて、協議する予定だ。

NESは、商業省が国際貿易センターやドイツ経済協力開発省、ドイツ国際協力公社(GIZ)の支援を受けて策定。2020年まで実施する。重点分野として「天然ゴム」「コメ」「豆類・油糧種子」「魚類」「織物・縫製品」「林産物」「観光」の7つを設定。さらに分野横断的な「資金アクセス」「品質管理」「貿易促進・ロジスティクス」「貿易情報・振興」という4つの課題にも重点的に取り組むとしていた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料鉄鋼・金属政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

日本支援の郵便局視察、金子総務政務官(01/18)

ミャンマー訪問中の総務省の金子恵美政務官は17日、日本が支援している最大都市ヤンゴンの中央郵便局を視察…

続きを読む

富士通が22省職員にICT研修、総務省事業(01/18)

富士通は17日、ミャンマー政府の全22省の職員を対象とする情報通信技術(ICT)研修を首都ネピドーで実施…

続きを読む

新公共バスシステムが始動、初日は大混雑(01/18)

ミャンマーの最大都市を抱えるヤンゴン管区で16日、新たな公共バスシステムが始動した。バス路線を整理し、…

続きを読む

電気・電子協会、公開会社設立を計画(01/18)

ミャンマー電気・電子協会は、公開会社を設立する計画だ。関係者らからの要望を受けた格好。政府系英字紙グ…

続きを読む

ベトテル合弁、通信網構築に2千億円投資へ(01/18)

ミャンマー4番目の携帯電話サービス事業者、ミャンマー・ナショナル・テレ・アンド・コミュニケーションズ…

続きを読む

ヤンゴン市内21カ所に無料WiFi(01/18)

ミャンマーの通信会社グローバル・テクノロジーは、最大都市ヤンゴンの21カ所で、自社の無料WiFi(ワイ…

続きを読む

インヤ湖畔の開発、業者の再開要請を市長一蹴(01/18)

ミャンマー最大都市ヤンゴンのカバエ・パゴダ通り沿い、インヤ湖の畔にあるミャキュンタ公園内での商業施設…

続きを読む

観光地ブランド強化、外国人客誘致拡大へ(01/18)

ミャンマーのホテル・観光省は、国内観光地のブランド育成を通じ、外国人観光客の誘致に力を入れる方針を明…

続きを読む

首都のホテル稼働率低迷、名所宣伝で集客へ(01/18)

ミャンマーの首都ネピドーのホテルの平均稼働率が、20%程度にとどまっていることが分かった。業界団体は営…

続きを読む

【産業人材】カイン州に根付け日本の技術 座繰りで絹糸紡ぐ少数民族女性(01/17)

かつて日本の絹織物産業を支えた伝統の座繰り生糸をつくる技術が、ミャンマー東部カイン(旧カレン)州で息…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン