第2の中心業務地区開発へ、西部ジュロンに

シンガポールの都市再開発庁(URA)は11日、西部ジュロン・レイク地区に国内第2の中心業務地区(CBD)を開発する計画について、マスタープラン(基本計画)の作成者を選定するための提案依頼書(RFP)を公表した。2017年7~9月期ごろの原案策定を目指す。

今回の計画は、URAが08年に打ち出したジュロン・レイク地区の再開発計画の一環。すでに商業施設などから成る「ジュロン・ゲートウエー」、レジャー向けの「レイクサイド」の開発が進んでいるが、新たに両地区の間の112ヘクタールの敷地にオフィスビルや小売店、飲食店、娯楽施設、住宅、ホテルなどが立ち並ぶ「レイクサイド・ゲートウエー」を開発する構想だ。

まずは建築家や都市計画家、エンジニアなど各種専門家から成るチームに応募を呼び掛け、最大5つのチームに絞り込む。その後、各チームがまとめたマスタープランのコンセプトを検討し、17年2月に最も優れた案を出したチームを選定。このチームがURAや関係機関と協力してマスタープランの原案を作成し、同年7~9月期に完成イメージの模型を一般公開する。その後に市民の意見を取り入れるなどして、マスタープランをさらに練り上げる予定。

シンガポール政府は昨年、マレーシア・クアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)の終着駅をジュロン・レイク地区に設けることを明らかにした。同地区のジュロン・イースト駅にはMRT(地下鉄・高架鉄道)南北線と東西線が乗り入れるほか、25年以降に2つの新線の開通も予定されている。交通の要衝となることから、同地区は今後の飛躍的な発展が期待されている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

1月消費者物価0.6%上昇 2カ月連続プラス、伸び加速(02/24)

シンガポール統計局が23日発表した1月の消費者物価指数(CPI、2014年=100)は99.5となり、前年同月から…

続きを読む

東北観光の誘致イベントを開催、大使館(02/24)

在シンガポール日本大使館は23日、中心部にある日本文化の発信拠点、ジャパン・クリエーティブ・センター(…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

1月の空港利用者数、8%増の526万人(02/24)

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)は23日、1月の同空港の利…

続きを読む

株価続伸、セムマリンは18.2%高(02/24)

23日のシンガポールの株式相場は続伸。ST指数の終値は前日比15.37ポイント(0.49%)高の3,137.57。売買高…

続きを読む

日本郵船、エズラとの合弁から撤退も(02/24)

日本郵船が、シンガポールの海洋エンジニアリング会社エズラ・ホールディングスなどとの合弁会社EMASチ…

続きを読む

STエレク、衛星開発で国防科技庁と協力(02/24)

シンガポール政府系の航空・防衛大手シンガポール・テクノロジーズ(ST)エンジニアリングの電子部門ST…

続きを読む

アスコット、SMUで新ブランドのサービス試験(02/24)

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランド傘下でサービスアパート運営大手のアスコットは23日、若…

続きを読む

米ゼンデスク、拠点拡張で人員増強へ(02/24)

顧客管理ソフトウエアの開発を手掛ける米ゼンデスクは21日、シンガポールにあるアジア太平洋地域本部の拡張…

続きを読む

ジュロンポイント、売却先に伏兵浮上(02/24)

シンガポール西部の大型商業施設「ジュロン・ポイント」の一部スペースの売却先候補に伏兵が浮上した。ここ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン