小米、台湾で新たにスマート家電発売へ

Thumb 20160711twd     w

空気清浄機「小米空気浄化器2」(台湾小米通訊提供)

中国の通信機器大手、北京小米科技(小米、シャオミ)は台湾で新製品を投入する。7日に行った発表会ではスマートフォンの新旗艦機種「小米マックス(Mi Max)」のほか、空気清浄機やスマートライトなども紹介し、スマート家電市場に参入すると明らかにした。ただ、台湾への投入が期待されていたスマートウオッチ「小米手環2」は発表されなかった。8日付経済日報などが伝えた。

小米の台湾子会社、台湾小米通訊の李佳峰総経理によると、空気清浄機の新製品「小米空気净化器2」は今月末にオフィシャルサイトで発売予定。価格は3,995台湾元(約1万2,400円)で、他社の同クラス製品と比べ安く抑えた。LEDを使用したスマートスタンドライト「米家LED智能台灯」は価格995元。12日にもサイト上で発売する。これら2種の製品は、専用アプリを通じて遠隔操作できることも売りだ。

小米マックスは12日からウェブサイト上で、16日からは遠伝電信(ファーイーストーン)店舗で販売する。価格は7,499元。

小米は先月末、小米手環2を香港で発売。台湾では今夏の投入が期待されていた。しかし李総経理は「製品の生産が追い付かず、アプリの検証も終わっていない」と述べ、台湾発売は早くて8月になると説明した。

■中南部での出店は未定

小米は昨年8月、製品を扱う実店舗「小米之家」の台湾1号店を台北市中山区で開業した。かねて中南部での出店のうわさもあったが、李総経理は7日、「今年中に開業する予定はない」と説明。ただ、ライセンス契約による同社ブランドの専門店を年内に開く可能性はあるとした。

Thumb 20160711twd     w

「小米マックス(Mi Max)」を発表する、台湾小米通訊の李佳峰総経理(左)と遠伝電信の趙億南・副総経理=台北(台湾小米通訊提供)


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信電機

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ウーバー、既存タクシー配車へ 2月から、方針転換で歩み寄り(01/20)

米ウーバー・テクノロジーズの配車サービス「UBER(ウーバー)」を台湾で運営する台湾宇博数位服務(ウ…

続きを読む

アマゾンの台湾データセンター、年内設置も(01/20)

米インターネット通販大手アマゾン・コムのクラウドサービス、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の中華…

続きを読む

きょう体の可成が江蘇に新会社、生産能力増強へ(01/20)

金属きょう体台湾大手の可成科技(キャッチャー)は18日の董事会(取締役会)で、1億米ドル(約114億9,100…

続きを読む

TSMCの南科5ナノ工場、年内着工へ(01/20)

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が南部科学工業園区(南科)…

続きを読む

タッチパネル不振、上場企業の昨年売上高23%減(01/20)

タッチパネルの製造を手掛け、株式市場に上場している台湾企業の2016年の合計売上高は約1,739億7,100万台湾…

続きを読む

車部品の東陽トップ、今年のAMも楽観(01/20)

自動車部品大手、東陽事業集団の呉永祥総裁はこのほど、今年のアフターマーケット(AM)事業について「引…

続きを読む

協力企業への出資増やす、シャープ、カメラ部品(01/20)

【共同】シャープが、スマートフォン向けカメラレンズを製造するカンタツ(栃木県矢板市)への出資比率を、…

続きを読む

中裕のエイズ薬、今期にも米FDAに販売申請(01/20)

エイズ治療薬の研究開発を手掛ける中裕新薬(タイメッド・バイオロジクス、TMB)は、エイズ治療薬「TM…

続きを読む

正新、タイヤの販売価格最大5%引き上げも(01/20)

タイヤ大手の正新橡膠工業(CST)はこのほど、昨年から続く原材料価格の上昇を受け、タイヤの販売価格を…

続きを読む

デジタルガレージ、HappyGo会員向けECサイト(01/20)

ジャスダック上場でインターネット関連事業などを手掛けるデジタルガレージ(東京都渋谷区)は19日、共通ポ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン