経済成長に最適な人口構成困難か、政府調査

生産年齢の比率が高く経済が最も成長するタイミングである人口動態の「スイート・スポット」を迎えるチャンスをフィリピンは逃す可能性があることが、国家経済開発庁(NEDA)と国連人口基金(UNFPA)の合同調査で明らかになった。スイート・スポットを迎えるには、生産年齢人口を維持しながら出生率と人口増加率が下降し始めることが条件だが、フィリピンでは依然、出生率が高いためだ。8日付マニラタイムズが伝えた。

調査によると、2013年のフィリピンの出生率は3.0で東南アジア域内ではラオスと並んで最も高い。出生率は緩やかに減少しているものの、人口増加率は他のアジア諸国に比べて高止まりしている。調査報告書は「このままでは就労人口の増加によって経済成長が高まる『人口ボーナス』の恩恵を受けられない可能性がある」と結論付けた。

金融大手HSBCは3年前、フィリピンは2012年、14年にスイート・スポットを迎え、50年までには世界16位の経済国になるとの予測を発表したが、NEDAのペルニア長官は「誤った予測」と切り捨てた。

ペルニア長官は、出生率が低下しない大きな障害として、10人に1人が15~19歳の間に出産を経験するなど10代女性の高い妊娠率を挙げた。ペルニア長官は、対策として避妊や性教育、妊婦管理の普及を目指したいわゆるRH法の推進を強調した。UNFPAも十分な情報や知識に基づいて自分で判断ができる人材を育成すれば出生率低下につながるとし、若者へ投資の必要性を訴えた。 


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

16年12月の失業率、25.1%に悪化=SWS(02/24)

フィリピンの民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)がこのほど発表した2016年12月の失…

続きを読む

アジア開発銀、インフラに1億ドル追加融資(02/24)

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官は、アジア開発銀行(ADB)からインフラ整備事業向…

続きを読む

ダイキン、売上高8割増へ 低価格帯のセパレート型投入(02/24)

総合空調メーカーのダイキン工業は23日、マニラ首都圏タギッグ市で、家庭用エアコンの新商品3モデルを発表…

続きを読む

テイクオフ:インドネシア出張時に、…(02/24)

インドネシア出張時に、現地のスタッフから両替した紙幣を見せてと言われた。昨年末から新紙幣に切り替え始…

続きを読む

家事代行6社、東京都から特区の事業者認定(02/24)

東京都は23日、清掃大手のダスキンなど6社を、外国人の家事支援サービスを提供する事業者として認定した。…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

アヤラがEC参入、ザロラ現法株を43%取得(02/24)

フィリピンの財閥アヤラ・コーポレーションは23日、同国最大のファッション通販サイト「ザロラ・フィリピン…

続きを読む

政府の観光計画、6年で4兆ペソの収入狙う(02/24)

フィリピン政府は、2022年までに観光産業から約4兆ペソ(約9兆100億円)の収入を見込んでいる。16~22年の…

続きを読む

NEDA、一部輸入資材の関税引き下げ承認(02/24)

フィリピンのロペス貿易産業相は、国家経済開発庁(NEDA)ボード会合が一部輸入資材の関税引き下げを承…

続きを読む

紛争の経済損失、15年はGDPの8.4%(02/24)

米国とオーストラリアに拠点を置く国際シンクタンクの経済平和研究所(IEP)の試算によると、暴力と紛争…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン