2017/01/12(木)

16年の自動車販売、24%増で初の30万台突破

ベトナム自動車工業会(VAMA)が11日に発表した国産と輸入車を含む2016年通年の自動車販売数は、前年比24%増の30万4,427台だった。VAMAが年初に見込んでいた10%の成長率を大きく上回った。

20170112 icn car vama 3

乗用車は27%増の18万2,347台、商用車は19%増の10万6,347台だった。特別車両は1万5,733台と29%増えた。ノックダウン(CKD)生産による国産車は32%増の22万8,964台、輸入完成車(CBU)の販売は5%増の7万5,463台にとどまった。

CKDが占める割合は75%で、前年の71%から盛り返した。

■17年は10%市場拡大へ

メーカー別では、トヨタ・ベトナム(TMV)は15%増の5万8,701台だった。外資系ではフォードが40%増の2万9,011台、ホンダが38%増の1万1,501台で続いた。

チュオンハイ自動車(Thaco)は40%増の11万2,847台。Thacoトラック、Thaco起亜、ビナマツダといった傘下企業は軒並み大幅に販売を伸ばした。

VAMAは17年の市場予測として業界全体で10%成長するとしている。経済成長で自動車を購入する中間層はますます増えるとみられるが、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内での乗用車の関税が撤廃される18年を前に今年下半期(7~12月)は買い控えが懸念される。

■12月単月は13%増

12月単月でみると、国産と輸入車を含む販売台数は3万3,295台で、前年同月比13%増だった。VAMA加盟17社では18%増の2万8,164台。外資系12社は22%増の1万6,361台だった。地場5社は15%増の1万1,803台だった。

20170112 icn car vama 1
20170112 icn car vama 2

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車
各種ログイン